弁護士紹介

井上啓いのうえ はじめ

弁護士会
神奈川県弁護士会
登録年
1995年

略歴

千葉県出身
船橋市立船橋高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業
1995年 弁護士登録

諸団体の活動

神奈川紛争調整委員会あっせん委員
日本労働弁護団常任幹事
神奈川労働相談ネットワーク事務局長

ひとこと

 学生時代は野球部でキャッチャー、大学に入ってから山登りを始めました。
司法修習生の頃は、山形修習で月山・鳥海山など東北の山々に親しみ、山スキーもたしなみました。
弁護士になってからは、少年事件や労働事件や離婚事件などの個別の事件を手がける中で、事件のもつ意味やそれぞれの人生について、ともに悩みつつ考える日々です。現行の法制度には限界があることも多いのですが、それでも泣き寝入りしないで闘うという当事者の姿が大好きで、こちらも勇気づけられます。苦しくてもともにがんばりましょう。
2015年で20年になりましたが、初心に戻って、コツコツと働く所存です。

コラム
2016年03月31日 第18回『神奈川生存権裁判』
2015年09月28日 第12回『軍都広島にて』
メディア掲載情報
2020年02月26日 井上弁護士、笠置弁護士が担当している不当労働行為・パワハラ事件が報道されました
活動
2013年04月30日 労働委員会を利用しよう