弁護士紹介

笠置裕亮かさぎ ゆうすけ

弁護士会
神奈川県弁護士会
登録年
2013年

略歴

2005年 私立開成高校卒
2010年 東京大学法学部卒
2012年 東京大学法科大学院既修者コース卒
同年 司法試験合格
2013年 弁護士登録(66期)

諸団体の活動

  • 東京大学教養学部講師(法と社会と人権ゼミ)
  • 日本労働弁護団常任幹事
  • 日本労働弁護団事務局次長
  • 過労死弁護団全国連絡会議事務局
  • 神奈川過労死対策弁護団事務局次長
  • 日本労働法学会会員

著作・論文・受賞等

「こども労働法」(日本法令、共著)

「労働時間規制と過労死」(労働法律旬報1831・32号61頁、共著)

「新・労働相談実践マニュアル」「働く人のための労働時間マニュアルVer.2」(日本労働弁護団、共著)

「副業・兼業における実務上の課題」(季刊労働法2020年夏号)

「2つの労災事件ー丁寧な事実調査が決定打に」(2021年 10月 時の法令2021年10月15日号)等、多数

「弁護士が選ぶ実力派弁護士」2021年・2022年ノミネート(労働分野、弁護士ドットコム主催)

「弁護士が選ぶ弁護士ランキング」2022年労働分野第7位(週刊東洋経済)

自己紹介

 大きな組織の利益のために、切り捨てられ、押し潰されてしまう人たちがいる。そのような立場に置かれてしまった方たちのために汗を流せる仕事をしたい。そんな思いから、悩み迷いながらも、弁護士という職業を選びました。
人との出会いは、人を変えていく大きな力になります。
私を変えてくれた多くの出会いと同じように、依頼者の方々に良い出会いであったと感じていただける弁護士でありたいと思っています。

メディア掲載情報
2022年11月07日 笠置裕亮弁護士がTwitter社のリストラに関する法律問題についてコメントしました(弁護士ドットコムニュース)
2022年11月01日 笠置裕亮弁護士が雇用保険と離職理由について解説をしました(弁護士ドットコムニュース)
2022年10月31日 週刊東洋経済「弁護士が選ぶ弁護士ランキング」にて笠置裕亮弁護士が掲載されました(労働分野第7位)
2022年10月31日 佐藤正知弁護士、笠置裕亮弁護士の担当事件が労働判例に掲載されました(労働判例 2022年11月1日号 No.1271)
2022年10月12日 笠置裕亮弁護士の担当事件(労災民訴)が報道されました(NHK、テレビ朝日、TBS他)
活動
2022年07月20日 笠置裕亮弁護士が東京都社労士会にて研修講師を務めます(2022年7月20日)
2022年05月26日 笠置裕亮弁護士が群馬県弁護士会の弁護士向け研修でパワハラ事件に関する講師を務めました
2022年05月23日 笠置裕亮弁護士が神奈川大学にて就職活動の注意点について講演を行いました
2022年03月11日 笠置裕亮弁護士が山梨県弁護士会の弁護士向け研修にて労災事件の実務に関する講師を務めました
2021年11月24日 笠置裕亮弁護士がフェリス女学院大学にて過労死に関する講演を担当しました