弁護士紹介

芳野直子よしのなおこ

弁護士会
神奈川県弁護士会
登録年
1991年

略歴

静岡県立沼津東高等学校卒業
静岡大学人文学部法学科卒業
1991年 弁護士登録

 

諸団体の活動

(弁護士会)
2020年度 神奈川県弁護士会司法修習生委員会委員長

2018年度 神奈川県弁護士会会長
2018年度 日本弁護士連合会理事
2018年度 関東弁護士会連合会常務理事
2008年~2012年度 神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会委員長
      消費者問題対策委員会・情報問題対策委員会・広報推進委員会・法曹人口問題特別委員会 等 歴任                   2006年度 神奈川県弁護士会副会長

 

(行政・大学等)
横浜国立大学法科大学院非常勤講師(実務消費者法)
神奈川県消費者被害救済委員
逗子市情報公開審査委員、同個人情報保護委員
公益財団法人国民生活センター特別委員(現職) 等 歴任
適格消費者団体NPO法人消費者支援かながわ理事(現職)

ひとこと

 私は、バブル崩壊の年に弁護士登録をしました。証券不祥事に端を発して、様々な投資被害が発覚し、被害者からの相談電話が鳴りやまない中での弁護士人生のスタートでした。そして、多くの消費者が、専門家であると信頼していた証券会社・銀行・保険会社などに、リスクの十分な説明等をうけないままに大切なお金を預けて、それを失いました。その後の日本は、「失われた○○年」と言われる長く続く不況の中、消費者被害は多様化し、そして深刻化しました。
被害救済のために進み続けてあっというまに30年を超えましたが、その時代時代の被害と向き合う中で、世の中のバランスが失われ、問題を抱えると、そのツケは、力のない一般個人にいつも回されるという実感を強く感じます。
事実と真摯に向き合い、少しでも多くの人の救済を助けることのできる弁護士で有り続けたいと思っています。

趣味

愛犬と、散歩。

メディア掲載情報
2021年09月07日 坂本弁護士を慰霊